沼の底は薔薇色

しがないジャニオタの雑感・妄想・萌えの記録

自担が21歳になりまして

もう7月終わるとか嘘でしょ。

ブログ全然更新してないですやん。と思ったら、6月中に下書きしたブログが2件あった。どっちも公開できずに8月を迎えようとしているの怠惰にもほどがある。

 

というわけで、小瀧望くんが21歳になったぞ~!わ~い!おめでとう!ブログ書くの1日遅れちゃってごめんね。なにをしていたかと言うと、丸一日かけて小瀧くんのお誕生日会の飾りつけをしていました。ええ、ひとりです。ひとりで飾り付けてひとりで祝ってひとりでケーキを食べました(…。)

 

いや待って。そんな可哀想なババアを見る目でこちらを見るのはいったんやめて!事情があります!wちょこっと私事を話しますと、今年5月頃からパーティースタイリングについて学べるお教室に通ってまして、つい先日プロ資格を取得したんです。が、まだまだ自信がないのでアウトプットの練習のためにメンバーのお誕生日にはそれぞれにテーマを決めてパーティースタイリングをするという課題を自分に課したのですが、そう。ジャニーズWESTといえば、夏生まれが5人もいましてほんまにありがとsummer!!!ばか!自分のばか!なんでそんなキツイ課題を自分に課したの。特に8月後半!ハードスケジュールがすぎるぞ!!!

 

…おいといて。笑

小瀧くん21回目のお誕生日、本当におめでとう!当日はスタイリングに必死過ぎてちゃんと小瀧くんのことについて考えられていなかったので、1日遅れだけどお祝いさせてください。

 

個人的に、ここ2ヶ月間くらい担当について考えることがあって、自分はこのまま小瀧くんのことを推していてもいいのかな?とずっと迷っていたんだけど、小瀧くんのお誕生日を機に、小瀧担の方のブログをいくつか読ませて頂きまして…。本当にキラキラして見えました。小瀧くんの素敵なところ、好きなところ…小瀧くんのことを好きなファンの方の言葉で綴られた、彼の愛すべき長所について改めて再認識して、色々とごちゃごちゃ考えていた自分が情けなくなりました。初めて小瀧くんを応援しよう、と思った時の素直な気持ちをようやく思い出せた気がします。

かわいくて、かっこよくて、面白くて、甘えん坊なのに誰よりもしっかりしてて…好きなところを挙げたらきりがないくらい。9つも年下なのに、こんなに尊敬できる21歳、私は今のところ小瀧くんしか知りません。これからどんどん大人になっていく小瀧くんを、ちょっぴりさみしく思いつつも、その成長の過程を見守らせてもらえることが本当に幸せで、今後がとっても楽しみです。みんなに愛されて、キラキラをふりまき続ける素敵な男の子でいて下さい。

浮気性の私は、たぶん今後も流星ちゃんにキャーキャー言うし、ともぴろちゃんのモンペだし、重岡こじらせてるし、濵田と結婚したいという願望を捨てることはできないけど(笑)、なにがあっても1番はのぞむであることを今日ここに決意しました。これからも小瀧担を名乗らせて下さい。

のぞむ、本当にお誕生日おめでとう♡

貴女の身近の藤☆井☆流☆星☆彡

追記:投稿後に読み返したら引くほど長かったので死ぬほど暇で他にやることがない人だけお読みください…

 

妄想、してる?(挨拶)

 

突然なんですけど、妄想しやすい立ち位置の人だったりキャラだったりっていませんか?

わたしは、担当や推しよりも、2番目3番目に好きなひとだったり、逆に全く興味ないキャラとの妄想の方がはかどるタイプです。自担との妄想がうまくできないのは多分照れてるせい(きっしょ)。

ジャニーズWESTだと完全に、藤井流星という男がそのポジションなんですよね。りゅぴちゃんとの妄想するのが一番楽しい。だってあんなカースト最上位の天上人、妄想の中でしか付き合えないもんね☆(全員天上人ですが?)

 

ってことで、絶対に身近にいない藤井流星くんを身近に感じちゃうハイパーファンタジー妄想3連発☆いってみよ~!

 

第3位 仲の良い男友達☆流星

ないない。絶対ない。こんな男が身近にいて友達でいられるわけがない。絶対好きになるもん。←

という、ある意味一番ファンタジーな設定がこちら。

出会った当初こそ、「なにこの顔面国宝?!人類の奇跡?!?!神からのギフト?!?!?!」ってときめくけど、仲良くなって中身を知ったら「あ、こいつ顔はいいけどちょっとおかしい奴だ…」と気づき、何も感じなくなりたい。たまに黙り込んでる横顔を見て「やっぱりイケメン…♡」て思うんだけど、喋りだしたら「黙って💢💢」と言える関係最高くない??

~Scene1~

物憂げな顔で黙り込む流星(超絶美)

流星「あ…」

「なに?」

流星「いや…水って美味いよな…」

「・・・。」

みたいな意味の分からんタイミングで意味の分からんことを唐突に言い出してほしい。全力で無視するから。その後、胡散臭い謎の硬水を大量発注して自慢しまくった3日後に飽きて1週間後には水の存在を忘れる流星までがワンセット(様式美)。

 

第2位 会社の後輩☆藤井くん

これはもう、全社会人ジャス民がありとあらゆるパターン、シーンを妄想しまくりましたよね。わかる。わたしもいろんなパターン妄想した。ちょっと聞いてくれ。

~特に仲良くないパターン~

新入社員の藤井くんは社内のアイドル。全女子社員の憧れの的。部署も違うし接点ないし、話したことはないけれど遠目にでもその姿を拝めたらその日は1日ラッキー!と、同期とおまじない的に藤井くんの存在を楽しむ毎日。

「ちょっと聞いて!今日藤井くんと同じエレベーター乗っちゃった!」

「なにそのウルトララッキー。今日死ぬんじゃない?」

「それな。なんかめっちゃいい匂いした…」

「イケメンっていい匂いするんだね…」

全然接点ないんだけど、一応先輩だから社内ですれ違うとニコッとして会釈してくれる藤井くん。なんだよ礼儀正しいかよ。も~、SUKI!!!

後日、自分が指導してる直属の後輩の重岡が、藤井くんと同期で仲良いことを知り「ちょっと重岡!なんで黙ってたの!今度飲み会連れてきてよ!!!」って詰め寄りたい。でも本当に連れて来られたら困る。遠くから見つめるくらいの距離感がちょうどいい。あとこいつは多分最終的に重岡と付き合う。←

 

~仲良いパターン~

研修期間中に藤井くんの指導係になりそれなりに仲良くなったけど、別の部署に藤井くんの配属が決まり、現在は別フロアでほとんど会うこともない。でも休み時間に社食でばったり会ったり、自販機前で会うと軽くおしゃべりはするくらいの仲。

ある日、一人で残業をしているとコーヒー片手に藤井くんが現れる。

藤井「せ~んぱい!まだ仕事っすか?」

「び…っくりした。脅かさないでよ」

藤井「すんません。あ、これどうぞ~」

ってコーヒーくれる。しかも社内に入ってるス〇バのやつだ!やったー!

御礼を言って受け取ると、なぜか藤井くんが隣のデスクに座る。

「どうした~?まだ帰らないの?」

藤井「先輩は?」

「ん~もうちょいかな~」

藤井「どのくらい?」

「…30分?」

藤井「ほな待っとくわ~終わったら起こして下さい。」

って寝るんかい。そもそもなぜ待つ?!いろいろ謎だけどすでに寝る体制に入ってる藤井くんのことはとりあえずほっといて、残りの仕事を片付ける。何とか終わってPCの電源を切ってるとのっそり起き上がる藤井くん。

藤井「終わったぁ?」

寝ぼけてるのかいつもよりふわふわしてる。終わったよ、お待たせ。と言うと嬉しそうににっこり。

藤井「ほな帰ろ~。晩飯食べいこ!おごって下さいよ先輩~」

なるほど。それが目当てか。夕飯たかりに来たわけね。オッケー、君かわいい顔してるから先輩がおごったる。藤井くんのリクエストで、会社の近所の定食屋で800円の生姜焼き定食をご馳走してあげる。

藤井「ゴチです先輩!次は俺がご馳走するんで、食べたいもの考えといて下さいね。お疲れ様でした!」

わたしを駅まで送ってくれたあと、さわやかに手を振り去っていく藤井くん。さらっと次の約束を取り付けてくる藤井くん。次の時に洒落乙なスペインバルに連れてってくれる藤井くん。なにこの店800円の定食と比にならないんですけど藤井くん。どうしたの藤井くん。好きなんですけど?!?!

 先輩女子を徐々に落としにかかる後輩年下男子・藤井くん。最高かな。まぁもとをただせば、残業中にコーヒー持って「お疲れ」って来て欲しいだけなんですけどね。残業中ね、いつもこの妄想して乗り切ってるの…(可哀想)。

 

第1位 ヒモ流星

これね。圧倒的でしょ。一億三千万人が満場一致でヒモ流星を養いたいでしょ。知ってる。

これも残業で帰りが遅くなった時に必ずと言っていいほど妄想するシチュエーションがあるから聞いてくれよ。(どうでもいいけどお前の日常悲しすぎない?)

 

残業を終えてふとスマホを見ると流星から大量のLINE。
流星:いまどこ〜?😫腹減った😫💦
流星:なぁ〜
流星:まだ仕事中?
流星:(スタンプ連打)
慌てて、ごめん今職場出た!と返信すると
流星:おつかれ〜
流星:駅まで迎えに行くな👍

って返信が来て、最寄駅に着いたら改札の前の柱に流星がもたれてスマホいじってて、りゅーせー!て呼ぶとパッと顔上げてニコッてして「おかえり♡」って言ってくれるから疲れが一瞬で吹き飛んで、2人で手繋いでコンビニ寄ってアイスとプリン買って帰る♡

帰り道、ぶらぶら歩きながら遅くなってごめんね!流星何食べたい?って聞くと、ハンバーグがええな〜(^O^)って悪気もなく言ってくるからめっちゃ愛しくなって21時も過ぎてからから本気でひき肉を捏ね出すんだよね。私が料理してる間、流星はボーッとテレビを観てるよ♡

やっと完成して2人で食べてると、流星が突然あーんってしてくれて、今日は頑張ったからご褒美やで♡って言ってくる。これ作ったの私だけど…という言葉とともにハンバーグを飲み込んで、美味しい♡ありがと♡って言うよね☆

食後は、流星はまたテレビ見ながらアイスを食べてて、その間に私は洗い物してお風呂に。(なんと流星がお風呂沸かしといてくれたの!すごくない?!❤️)ゆっくり浸かって出てくるともう1時。リビングを覗くと流星はいなくて、寝室に行くとベッドのど真ん中でスヤスヤ寝てる…美しい…(゜o゜)✨起こしたら可哀想だから私は隣の部屋で寝るね♡

そして今日も別々の部屋で眠りにつく。ベッドの中でふと、あれ?私と流星ってどう言う関係なのかな…?と不安になるけど、下手に追求して出ていかれたら困るし今でも十分幸せなので気にしないことにして今夜もオヤスミッ(^_-)-☆

 

っていう報われないのに尽くしちゃうダメウーマン妄想くそ楽しくない???関係性がよくわからないままとりあえずりゅっぴを養い続けるよね。このりゅっぴは、優しさだけは人一倍だけど一人では何もできないという設定です。お風呂沸かしといてくれたり、カップラーメン作ってくれるだけで「りゅ、りゅうせぇ~~~!!!ありがとう(泣)(泣)(泣)」って感動しちゃう♡(馬鹿にしすぎだろ)ヒモりゅせはシリーズで妄想しているのでまた機会があればお披露目したいです☆(誰得)

 

りゅっぴに関しては、ビジュアルの美しさありきの妄想が多いので顔ファンかよ💢って叩かれないかCHO-ドキドキしてる!みんなであの美しさの前に平伏そうぜッ!(^O^)

身近にぜっっっってぇ居ないからこそ妄想のはかどる藤井流星くんに圧倒的感謝。

うぇすとちゃんで「あなたのことはそれほど」

うぇ~い。ドラマ見てる?

今季はいろいろ見てますが、その中でもわたしがお勧めしたいのがこちら。どん!

火曜22時の「あなたのことはそれほど」。

 

見てる人はわかると思うんですが、まじで登場人物みんなクズ!みたいな感じなんですよ(※個人の感想)。毎回ハラハラするし、イライラするし、なんでお前このドラマ見てんの?って思うような感想しか出てこないんですが、見続けているのには理由があります。

配役をジャニーズWESTのメンバーに置き換えて妄想するととっても楽しいからです☆

現在4話まで視聴した時点で、マジで全登場人物(香子を除く)に共感できないしイライラするし好きになれないんですが、ジャニストメンバーで妄想するとあら不思議☆みんな大好きになってしまうのでおすすめ♡

 

ってことで、だれも興味ないと思うけど「ぼくの考えた最強のあなそれ」妄想を聞いてください。

 

りょ~ちゃん feat.神山智洋

主人公・美都の旦那。

これはぜひ、ともぴろちゃんを推させていただくッ!

料理好きで穏やかで、愛妻家の完ぺきな男。

有島と再会してからの美都のわかりやすい嘘に気付きながらも幸せな結婚生活を続けようと努力するが、とにかく彼女が好きすぎて、スマホをこっそり覗いてしまったりと干渉をする。それゆえに徐々に精神が崩壊し、激しい愛が狂気へと変貌する。

引用元:人物相関図|TBSテレビ:火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』

ね?(はい?)

こういうともぴろちゃん、見たくない???とにかく狂気の男っつーか、サイコパスかな?くらい狂っててこわいんですけど(東出くん本当にすごい…)、ともぴろちゃんだったら愛せる♡(ドM)

 

有島くん feat. 濵田崇裕 or 藤井流星

美都が学生時代から好きだった憧れの人。

優しい。めっちゃ優しいけどクズ。ドクズ。

美都とは中学時代の同級生。
イケメンでモテて、かわいい子が好きなのだが、高校時代のクラスメイトで地味な麗華に惹かれ、卒業後に交際をスタートし、結婚。
麗華が里帰り出産中に、偶然、美都と再会する…。
基本的には家庭第一なのだが、根が優しく流されやすい性格のため、泣きつかれると弱い。

引用元:人物相関図|TBSテレビ:火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』

優しいクズが似合いすぎる男ランキングNo.1(わたし調べ)の、ハマタを推したい。でもりゅぴちゃんも捨てがたい。なので、各自好きな方で妄想しよ☆

彼女がいるのに他の女に手を出すハマタって最高じゃないですか?彼女のことも大切で、別れる気は1ミリもないんだけど、自分に向けられた好意は無下にできない優しいクズ男・ハマタあ~~~~~好き~~~~~!!!!(※すべて妄想)(悲しい)

りゅっぴはもう単純にクズいりゅぴが見てみたいだけ。しかも思いっきり優しいクズ。あの顔面で最低な優しさ発揮されたら、拒める女子は皆無だと思うんだよね。うんうん。あと顔面国宝のりゅぴが地味な女と結婚してるって言うのもイイ。超イイ。(性癖)

 

小田原さん feat. 重岡大毅

 りょ~ちゃんの同僚。ドラマだと個人的にこいつマジで嫌いなんだけど、重岡大毅だったら惚れる抱いて!になる(熱い手のひら返し)。

 涼太が働くインテリア会社の同期。
オフィスデザインや内装設計などを手掛けるインテリアデザイナー
涼太の仕事での悩みや結婚まで相談に乗ってきた。いわゆるインテリ系で一見サバサバとしているが、中身は男っぽい性格。

引用元:人物相関図|TBSテレビ:火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』

 美都の嘘を見抜いてて、わざとカマかけるようなことしたり、とにかく嫌味な感じ。でもそれはすべてりょ~ちゃんの為なんだよね。こいつりょ~ちゃんのこと好きなんじゃないの?!美都に盗られて悔しいんでしょ?!ってレベルに美都のこと嫌ってそうなオーラが出ている。ぴろちゃんが浮気されてるのを知って、奥さんをいじめるおしげ…クッ…可愛いかよ!!!

 

登場人物の目立った男がこのくらいしかいないので他のメンバーのキャスティングは出来てないんだけど、とりあえずこの設定をベースに妄想するのがブーム。ちゃんと妄想したら報告しに来るね…。(結構です)

3周年だけど特に関係ない話

ヘイ!ワッツアップ、ガールズ?!

どうもどうも~ひと月以上ぶりの更新です。そりゃはてなさんから「そろそろブログ更新せぇへんの?」とかいうカワイー彼女みたいな心配メールも来ますわな。ごめんな、はてな。長いことほったらかしにして。

 

つーことで、我が軍のデビュー記念日を無事に終えて、とくに何ということもないけどせっかくなのでブログを更新してみよ~☆と思ってやってきたよ!

当日はあきと担の友人と、わたしのお家でDVD見てケーキ食べてお祝いするという実に地味かつオタクらしい過ごし方をしたよ。その日世間で起きていた推し事のことなどは全然知りません☆(対象年齢に入れず応募すらできなかったBBA)f:id:jsmn_west:20170424134345j:image

最近、職場の人にデビュー前の少クラ映像というシャブいもんをお借りしたので、新規BBA二人は歓喜しながら食い入るようにDVDを眺めました。ケーキワンホールを二人でむさぼりながらただただひたすらに、おしげちゃん可愛いねぇ~!天使だねぇ~!美少年だねぇ!大阪B少年(ソロユニット)だねぇ!可愛いねぇ~!なんで今は整体師になっちゃったんだろうねぇ~!などと、てんしげちゃんのことを称賛しまくっていました☆せいたいしげちゃんもだ~いすき☆

そんなこんなしてたらぶ誌リニュ~アルのお知らせが来て、喜んでいいやら悲しんでいいやら…?!な複雑な気持ちになりつつ久々に可愛い文章書いてるしげちゃんが可愛いのでハッピー♡(チョロい)あ、三周年おめでとうございました♡

 

えーっと、しげちゃん並みに思いついたことブワー書いていくスタイルでお送りしますけど、最近の小瀧担の悩みを聞いてください。それではお聴き頂きましょう、小瀧担BBAで「ぷくぷくのんちゃんを返せ」、「髪を切れ」です。2曲続けてどうぞ。

いや、どっちも映画の役作りなのはわかってる…ッ!のぞむ自身の努力の結果であることもわかっている…ッ!わかった上でそれでもとりあえずオタクの欲望を言わせてほしい。わたしはのぞむのぷくぷくであどけな~い♡HOPPEが大好きだ。食べ物を頬張った時のはむちゃんのようなきゃわいいほっぺ…7歳児のんちゃんの名にふさわしいぷくぷくほっぺ…。それが今ではどうですか。あごのラインがシュッッッ!!!として頬もこけて、なんなんですかただの超絶イケメンじゃないですか💢大人の色気がダダ漏れじゃないですか💢💢好き💢💢💢(好きじゃん)

撮影が終わったら、たくさん美味しいものを食べて、あと髪を切ってほしいと思います♡

 

最近、りゅかみちゃんが大のお気に入りです。基本的にコンビだったら☆こたしげ愛永遠不滅☆みたいな精神で生きてるんですけど、今りゅかみちゃんがぐいぐいきています。もともとどの組み合わせも大好きですが、ここ最近のお気に入りは完全にりゅかみ。あとかみしげ。最近、かみしげW幼馴染妄想をしたんですけど、少女マンガ過ぎて最高of最高the最高だったのでみなさんもぜひ。あれ?りゅかみ関係なくなってる…おかしいな。ぴろ*1が女の子だったらりゅぴ*2と付き合って欲しい(謎の願望)。

 

番協も運動会もことごとく落選続きで、しばらく現場へ行けてないので干からびて死にそうになっています。なんでもいいからそろそろ現場を…チケットを…わたしたちにWESTを…!事務所さんお願いします…。来年こそは夏ライブやろうねっ☆

*1:ともぴろ

*2:りゅ~せ~☆

ジャニストちゃんとの出会いについて

これ。これ書くのめちゃ億劫だった。

でもこれ書かないことには他のこと書けない気がしたので書く。

 

ジャニストちゃんとの出会いは1年ほど前だったと思います。

最初の記事にも少し書いたのですが、私はしばらくジャニオタとしてのブランクがあり、ブランク期間中は2~2.5次元界隈の沼に頭の先までずっぽりと埋まっておりました。ジャニオタ時代は、色々な経験ができて本当に楽しかったし今でも大切な青春の思い出だけど、正直疲れてしまったこともあって、そんな時にぬるま湯に浸からせてくれた2次元は本当に居心地がよく(いや、あっちはあっちで沼なんだがw)もうジャニオタに戻ることはないのだろうな…となんとなく思っていました。

 そんなこんなですっかりジャニオタも過去の栄光(?)になった頃、幼馴染のYが、突然ジャニストにハマったと言いだし色々と動画を見せられました。その当時、私は某アニメ作品にめちゃくちゃハマっていて、正直動画を見てもふ~んかっこいいねぇ、今はこんな子たちがいるんだ、くらいの感覚(大馬鹿野郎)。でもやっぱり根がジャニオタなので、それまであんまりジャニーズに興味がなかったYが突然ジャニーズにどハマりしてたのがなんだか嬉しくて、なんとなく私もジャニーズWESTに興味を持ち始めたのがちょうど1年前くらい。

ちなみに、自分では全く記憶にないんだけど、この時すでに小瀧担を名乗っていたらしい。図々しいにもほどがある。ちょっと死んで来ます。

しかし、他にハマっていることもあったし、特に大きく心動かされることもなくゆるゆると時が過ぎます。あ、でも、Yに見せて貰ったライブDVDでパリマニだけは異様に気に入って毎日聴いてたのは覚えてますw

 

最初の転機は、嵐のわくわく学校にジャニストちゃんの出演が決まった時。Yから、ジャニストが出るから、嵐のわくわく学校行かない?と誘われ、元嵐ヲタの私は二つ返事で了承。いくいく。でも多分チケット当たらないよな~と、最初から期待もせずにでもとりあえず…と申込を済ませました。案の定私は外れたのですが、Yがチケットを当ててくれて行けることに。元嵐ヲタですが、わくわく学校に行くのは初めてです。ドキドキしながら当日を迎えました。

 

わ~~~~~!!!かわいい~~~~~~!!!(語彙力)

 

嵐と後輩の絡みがかわいすぎて、双眼鏡片手に鼻息荒く授業に聞き入る模範的生徒(模範…?)。この時点でお気づきかと思うが、こいつ完全に嵐を見とる…。いや、嵐のわくわく学校ですから。それで正しいんですよ。でもね。現ジャス民としては、なにしとんねん!!!なんでもっとちゃんとジャニストちゃんを見とかなかったんや!!!(怒)(怒)(怒)と過去の自分を叱責したくもなるわけです…。この時のことでジャニストちゃんについて覚えてるのは、流星が流星役をしていたな~ということくらいです。のぞむの記憶がかけらもない。おい。しっかりしろ!!!

 ただ、生で見てしまうと人間謎に親近感のようなものが沸くんですね。その後、ジャニストちゃんのファンクラブが発足したよー!というYからの連絡があった時には、コンマ1秒でオッケー入っとくわ!と脳直で返事していて自分でも引きました。

 

次の転機はもちろん24魂。いわゆる初ドーム。むしろ私自身が初ジャニスト魂。この時にはすでにのぞむを推していたんですが、マジでいつどのタイミングで何がキッカケでピンクに染まったのか記憶がないんですよね。あとからYに聞いたんですが、ミリしら*1時代に第一印象だけで私がいい!と言っていたのは、おしげちゃんらしいです。ちなみに今も赤とピンクの狭間でうろうろしてるので直感ってすごくね?(でもおしげの記憶ほぼない)

今これ書いてて、自分でもわくわく~24魂の間に何があったんだよ…という気持ちでいっぱいなのですが、そこまでどハマりしていなかったはずのアイドルのライブのために大阪まで行くことに何の疑問も持っていなかった辺り、眠れるジャニオタの性-SAGA-が呼び覚まされたんですかね…全然意味が分からん。

楽曲をほぼほぼ知らなかったので、Y にこれだけは聴いとけってのある?と聞いてライブでやる代表的な曲をいくつか予習して臨みました。パリマニ以外は代表的な曲ばかり聴いていたので、THE・関西!なイメージがどうしても強かったのですが、24魂でCan't stopを聴いた瞬間に、ア~~~~~~~~~~!!!!沼落ちを確信した。なにそれ。すき。

帰りの新幹線で、Yと中学生みたいな妄想を熱く語りながら帰った(当方アラサーでございます)。そうそうこれこれ!この下らない妄想を延々繰り広げる感じ…ッ!これぞまさにジャニオタ…ッ!!!(偏見)だけど正直、これはまだまだ序の口だった。今から思えば。

 

そしてついに、私のジャニオタ復帰を決めることになる運命の年明けアリーナツアーなうぇすと。横浜公演に初日とラス日の3回入ったのですが、まず席が神過ぎた。メンステ前ブロックの花道横という神座席。これが2回。初日のチケットは急遽譲って頂いたチケットだったのですが、それもスタトロ前と言う神っぷり。24魂からだいぶお勉強したので、曲もほとんどわかるし振りもなんとなく出来る!そしてなにより至近距離で拝む自担…。

 

ああ小瀧望は実在したのだ……。

 

神が創りしマスターピース(某テニス漫画原作ミュージカルより引用)こんなにも神々しい存在が同じ空間で同じ空気を吸っている…ッ!えーーーーんかわいいよぉ…><むり。もうむり。尊い。しんだ。感情が大渋滞。だけど小瀧nあ、待って。小瀧望の話すると多分長くなるからそれはまたの機会にしよ。そうしよ。(賢明)

 

この日を境に、出演番組(主にラジオ)の動画を寝る間も惜しんでひたすらに漁りまくり、それはそれは見事なまでに真っ逆さまに沼の底までやってまいりましたただいまーーー!!!いや、ラジオはずるい。ずるいでしょう。可愛すぎるもんな。おっちゃんかわいいもんが大好きやねん。それぞれのキャラクターやら関係性が見えてくると、本当に全員が愛おしくて堪らなくて夜しか眠れない。

そこからは、グループについてもメンバー個々についても猛勉強を重ね、今もまだまだ絶賛お勉強中ですが、もうとにかく、声を大にして言いたい。お前は何をしていたんやと。ジャニオタを5年もサボってお前は何をしていたんやと。よくもまぁこんな素敵な子達に見向きもしないでこれまで生きてきたなと。こんなことを今更言っても仕方ないのだけど、本当にデビュー前から彼らを見ていたかった気持ちが強すぎる。ド〇えもんタイムマシーンだしてよぉ!でもまぁそんなことを言っても事実は変わらないわけで、人それぞれに出会うタイミングってあるわけで、このタイミングでジャニストちゃんという素晴らしいグループに出会えたことに感謝をしつつ、日々蓄積される萌え*2五体投地するしかできないオタクなのでした。

 

ざっくりですが、以上で私とジャニストちゃんの出会い編終了でございます。自担との出会い編もいつか書きたいけど、いつになることやら…

*1:1ミリも知らない

*2:萌えと表現するには違和感があるけど一言で表せる適切な言葉が他にない。語彙力を急募しています。

ジャニヲタってなんだろう?と思うとき、ない?私はある。

ジャニストちゃんとの馴れ初めも語らないうちから何言ってんだって感じですが、ちょっと色々考えることがあったので自分の気持ちの整理と、記録の為につまんない話をします。

 

ジャニヲタさんのツイッターやらブログを拝見していると、たまに、ジャニヲタってなんだろう?と思うとき、ないですか?悪い意味じゃないですよ。単純なというか純粋な疑問です。

 これは完全に私の勝手な考えですが、ジャニヲタって他のオタクとはどこか違うというか、ジャニヲタならでは、とかジャニヲタにしかわからない、みたいな謎のクローズド感?みたいなのあるじゃないですか。いや、それはどこのオタクも同じなんでしょうけど…。でも個人的には、ジャニーズとか、宝塚のファンコミュニティは、そういった、うまく言えない”クローズド感”みたいなものが強いように思います。

 なんでこんな意味わからん話をしているかというと、小難しそうな切り出し方の割に言いたいことはもっと単純で下らないんですが、いわゆる”ジャニヲタあるある”でよく挙がる事例が、自分にはあまり当てはまらないな~ということがたまにあり、そういうのを目の当たりにすると、なんか自分ってジャニヲタとして薄くない…?みたいな謎のもの悲しさに襲われるのです(笑)

 

例えば、今回の記事を書くキッカケにもなった、今も昔もよく目にするいわゆる「担降り」問題について。

たびたび目にして私が驚くばかりなのは、「担降りとは、ジャニヲタにとって一大イベントだ」とか、「かなり悩んで担当を降りることにした」といったような、本当に悩んで悩んで悩みぬいた末に「担当を降りる」という行為が行われていることです。というのも、私にはその経験がないから。担降りしたことがないという意味ではないですよ(笑)事実、5年前までは嵐が好きで今はジャニストちゃんですからね!

なので、担降りの経験を熱く、時につらそうに語るジャニヲタさんを見ると、語弊があるかもしれないけど、なんだか輝いて見えるんです。いいなぁ、”ジャニヲタ”してるな、可愛いな、真剣に担当のことを想っているな…様々な羨望の感情が浮かんできます。でもそこでふと、担当が変わるという経験はしているのに、担降りであまり悩んだことがない私って…?という感情に襲われます。

もちろん、真剣に応援してきたつもりですし、色々な思いや出会いや経験を経て、今があります。好きだった気持ちにはプライドを持っているし、持ち続けたいけど、この手の話を目にした時にふと不安というか、虚無感で一杯になる時があります。私の”好き”って、なんだったんだろう。

人それぞれに応援の仕方やスタンスは違っていて、それが正解だし、他人と比べることではないんだろうというのは、頭ではわかっています。それでも、「担降り」に限らず、いわゆる”ジャニヲタあるある”が自分に当てはまらない時、なんか私ってジャニヲタとして薄いな…と思う気持ちが止められないこともまた事実です。だからどうとか、どうしたらいいとか、そういう答えを求めているわけではなくて、ただありのままの思いを書きたくなっただけなんですけど(笑)

これだけかけて語っておいて、自分が言いたいことの1割も伝えられていない気しかしないけど、とりあえずは以上が、ジャニヲタってなんだろう、むしろ自分はジャニヲタといえるのだろうか、と考え込んでしまう瞬間についての雑感でした。(一般的な方からしたら、そらもうバリバリのジャニヲタで間違いないんですがw)

アイドルを応援するという事について、別ベクトル(?)から考えることがあったのでその話もしたかったのですが、明るい話題でもないし、すでに文字数が1,500を超えていて自分でも引いたので終わります☆また機会があれば書きたいです。

はじめまして

五億年ぶりにブログを書いています。

こんにちは。しがないジャニオタBBAです。

つい最近ジャニーズWESTというグループに転がり落ちるようにハマりまして、とうとうブログ開設までしてしまいました。ど新規ジャス民ですがどうかお手柔らかに…。そして仲良くして下さい……。

普段はTwitterで好き勝手わめいているんですが、すぐに見返せる形でオタ活の記録を残したくなり、五億年ぶりにブログ開設を決意し今に至ります。ジャニオタってさ〜、クソ重メンヘラ女だから自担との思い出は全ていつでもアクセスできる形で残さなきゃ♡という意識が強いんだよね。だからすぐブログはじめたがる。…私だよ。(Twitterより引用)

 実は出戻りでして、10年くらい嵐を追いかけていた過去がありますが、彼らがブレイクした辺りから徐々に距離ができ(って言うか全然チケットがとれなくなり物理的に見に行けなかった)、嵐さんは今でも大好きですけど、ほぼ茶の間です。本当は現場復帰したいけど、チケットが当たらない(泣)(泣)(泣)

で、ジャニオタとして復活するまでに5年くらいブランクがありまして、その間は2次元やら2.5次元界隈でお世話になっておりました。いや、今でもお世話になっております。若手俳優界隈もそれなりにウロチョロしましたので、ジャニーズと無名だった若手俳優の共演を見ると無駄に胸が熱くなりますね(そうですか)。 余談ですけど、ラブ・ドリーム・ハピネスの界隈にもほんの一時期ですが出入りしてました。ライブの方じゃなくて劇団の方。観劇が趣味なんです。

そんなこんなでこのたび五億年ぶりにジャニオタに復帰したわけなんですけど、ジャニストちゃんとの出会いはまたぼちぼち書きたいと思います。とにかく今は、もう戻ることはないかもと思っていたジャニオタに戻ってきて、やっぱり楽しくて楽しくて仕方がないので年甲斐もなくはしゃいでおります!先輩ジャス民の皆様、どうぞよろしくお願い致します!!!